転職活動の基本は先方企業の目線で活動する

 面接官からよく出る質問は、転職の理由から始まり志望動機や過去の実績や経験です。やる気があることや実績があることを主張するために、言いたいことが伝わらず、余計なことまで話してしまわないように注意が必要です。面接官は、日々の業務のなか、時間をとって面接をしています。選考対象者も複数控えていることもあります。そうでなくても、まとまりのない話を聞きたいという人はいないからです。

 

 前職の会社内にしか分からないような業務の話を延々と話したり、前職の職場環境にいる人の悪口や、愚痴を言うのは、問題外です。相手に伝わるように簡潔に、分かりやすい言葉で伝える姿勢が面接では大切です。愚痴や不満は、言葉を変えて新しいことに挑戦していくという切り口で話すようにするべきです。

 

転職者に求められていること

 スキルアップしていきたいという話や、勉強していきます、という回答は新卒や若い年代だけにしか通用しません。会社は資格取得スクールではないからです。社会人経験のある転職者に求められているのは、会社にどういう恩恵をもたらしてくれるのか、どういった利益をもたらしそうなのか、実績が新天地ではどう生かされていくのか、ということだからです。

 

 常に相手の立場や視点で、回答するように心がければ、転職活動は楽に進められるようになるでしょう。