応募企業探しは慎重に行ないましょう。

 転職活動をスタートする際、まず真っ先に行ないたいのが自分の棚卸し作業です。面倒に思えても、この作業をするかしないかで、先の応募書類作成や面接にまで影響を与えるため、しっかりと行なっておきましょう。

 

 自分の棚卸し作業と応募書類の作成が終わった後、行うのが応募企業探しですが、今はハローワークや求人誌などのほか、転職サイトも数多くあるため、情報収集は簡単にできるようになりました。しかし、簡単にできるゆえに、どこでも企業に応募してしまうのは考え物です。つまり、一目惚れだけで応募企業を決めることがないよう、慎重に選択しましょう。

 

応募先選びのポイントはこんなところにあります。

 職種や具体的な内容をよくみるというのが基本中の基本です。その際、正社員なのか契約社員なのかといった雇用形態もしっかりとチェックするようにしましょう。次に重要なのが、希望給与や最低賃金、勤務時間、休日・休暇、勤務地などです。前職やキャリアを活かすことは重要ですが、生活するために仕事はあるもので、働く条件はしっかりと調べておきましょう。そして、そうした条件がクリアしたところで、企業規模や従業員数、職場環境なども確認しましょう。

 

 このようにして、応募企業は慎重にある程度細かく確認するべきですが、同時に、自分は何を優先して応募企業を決めるのかもはっきりさせておきましょう。